• トップページ
  • トピックス・最新情報
  • ノトアン通信
  • よくあるご質問
  • コラム
  • リンク集

家庭で手軽に健康づくり

HOME   >   家庭で手軽に健康づくり   >   第1回 腰痛予防・腰痛改善 その1

第1回 腰痛予防・腰痛改善 その1

 今回から数回にわけて「腰痛予防・腰痛改善で健康づくり」をテーマにご紹介します。健康づくりとは、痛みが出てから対処するのではなく、痛みが出る前に予防することが基本です。しかし、仕事などでなかなか予防対策ができない方も多いことでしょう。今回はまず基本中の基本をお伝えし、次回以降で腰痛時に家庭でできる対処法もご紹介していきたいと思います。

 健康な体は、立った状態で背骨を横から見た時にS字カーブができています(写真)。腰痛予防のポイントは、その自然の湾曲を日常生活でできるだけキープする事です。腰の部分は少し前弯(前方凸の緩やかな曲がり)しているのが理想と言えます。具体的には

 (1) 中腰になるべくならない
 (2) 腰を丸めた状態で長時間いない。

 この2点を意識するだけで腰痛の予防になるのです。
 今回は、生活の中で一番多くの時間を費やす姿勢「正しい座り方」をお伝えして終わります


イスに座る場合

 柔らかいソファーに座らない。
 背もたれを使う場合は必ず深く座る。
 膝を伸ばさないで曲げておく
 なるべく高めのイスに座る
 お尻側だけを少し高くする(写真参照)。

床に座る場合

 あぐらや体育座りは避ける。
 座イスに座る場合はバスタオル等を巻いたものを背もたれに当て腰をそらす。
 足を崩さずに正座をする(正座イスを利用すると疲れず背筋を伸ばしやすい)



TOP