• トップページ
  • トピックス・最新情報
  • ノトアン通信
  • よくあるご質問
  • コラム
  • リンク集

家庭で手軽に健康づくり

HOME   >   家庭で手軽に健康づくり   >   第5回 腰痛予防ストレッチ その2

第5回 腰痛予防ストレッチ その2

そり型

日常でそる事が多い、肥満の方、分離症の方は、腰が過剰前湾している場合が多い。

 前回は腰のアーチについて、丸まり型とそり型がある事をご説明し、丸まり型のストレッチ方をお伝えいたしましたが、今回は「そり型」のストレッチ方法をお教えいたします。


誤った型のストレッチをした場合、腰痛になる可能性があります。
この点に気をつけてストレッチをおこなってください。


床に寝てストレッチ

(1)両膝を曲げて仰向けに寝る。
(2)両膝を抱えて胸の方に引きよせる。
(3)同時に頭をあげて腰を丸める。そのままの状態で、3~5秒丸めた状態を保つ。
(4)普通に寝た状態に戻る。



イスを利用したストレッチ

(1)イスに座り、上半身の力を抜いて腰を丸めます(この時に顔を下げて目線は下)
(2)胸ができるだけ太ももに付くように前屈していきます。
(3)そのままの状態で3~5秒前屈した状態を保つ。
(4)普通に座った状態に戻る。


 イスを使うか床でおこなうかは、どちらか自分のしやすい方で結構です。両方のストレッチを試みて、自分に合うと思う方を続けてみて下さい。
 もしもストレッチで痛みがある場合、あなたに合わないのかもしれません。不安な場合は中止してください。多少の痛みを越えてから症状が改善される事もありますが、その点は自分で判断して自己責任のもとで行って下さい。

 ※どちらのストレッチもより効果を高めるために、腰を丸めるストレッチをしていると自覚しながらおこなって下さい。この動作を5~10回おこないます。1~2時間おきに繰り返すとより効果的です。



TOP